英語コミュニケーション学科

英語トレーニング科目

英語トレーニング科目

TOGAKU独自の
トレーニングで
高い英語力を獲得

eラーニングを活用して4技能を統合的にトレーニングし、TOEIC®対策も行う「総合英語演習」と、徹底的なトレーニングで英語を「話す」力をつける「Progressive English」。1年次から学科独自のトレーニングで学習を積み上げ、英語スキルを磨き上げます。同時に、グローバル化が進む社会でますます必要性が高まっている各種英語資格試験にも対応します。

総合英語演習

各種資格試験対策にも有効な「4技能」の統合的トレーニング

1年次からスタートする「総合英語演習」では、自分のペースで学習できるeラーニングと、教員がしっかりと指導する対面授業を組み合わせた効果的な学習方法で、コミュニケーションの基礎となる豊かな語彙力と英語の学習習慣を養い、TOEIC®をはじめとした語学試験対策を行います。学生一人ひとりの実力を着実に伸ばしていくための、本学独自のトレーニング科目です。

自分のペースで学ぶ&授業で学びを深める

eラーニング + 対面授業

eラーニング

自宅、通学中、休み時間。スマホやPCから自分の好きな時に好きな場所で学習できるのがeラーニングのメリット。自分のレベルにあったコンテンツで語彙力のUPや資格試験対策のトレーニングを積み重ねることで、学習習慣も身につきます。

対面授業

授業はレベル別クラス(1、2年次)で、一人ひとりの進度にあった指導やトレーニングを行います。eラーニングで学んだ内容をさらに深め、疑問や課題をしっかりとクリアできるよう教員が指導することで、確実に実力に変えていきます。

TOEIC®対策

グローバル化が進む社会において、TOEIC®をはじめとする語学資格試験の必要性も年々高まっています。eラーニングには、レベル別のTOEIC®対策コンテンツも用意。実力に合わせて段階的に学べます。また、対面授業ではTOEIC®対策テキストを使用してより実践的な指導を行うとともに、3、4年次にはよりTOEIC®対策トレーニングに特化した選択科目として開講します。

Progressive English

グローバル社会で必要な「話す」力をトレーニング

英語を話せるようになるにはいったいどうすればよいのでしょうか。英語表現は少数の限られたパターンで構成されています。パターンや単語を組み合わせる練習を何度も繰り返すことで、英語はかなり自由度が高くなります。まずは単純なパターンを1部分ずつ繰り返し練習。覚えたパターンと単語を組み合わせることで、自然に英語が口から出るようになります。ピアノの「バイエル」のような英語トレーニング。それが、TOGAKU独自の “Progressive English” です。

大西泰斗教授

TVのビジネス英語講座などで人気の大西泰斗教授も同科目の授業を担当

週2回、話すためのトレーニング

感情を伝える + 声に出す

感情を伝える

棒読みでは「話せる英語」とは言えません。場面にぴったりの表現、気持ちのこもった表現が自然に口から出るように練習を重ねます。

声に出す

リズムに乗りながら音読したり、学生同士で会話を練習します。声に出すことで英語が体になじみ、発音もよくなります。

「瞬時に話す」力を高めるパターン練習

「瞬時に話す」力を高めるパターン練習

Progressive Englishは、高校までの英語の授業とは全く違う、英語のトレーニングです。授業では、とにかくたくさんのパターンを覚えて話すことを繰り返します。音読をしたり、暗記をして発表したり、友だちと会話のロールプレイをしたり。「発音がよくなった」「自然と英語が出てくるようになった」「アルバイトで、英語で接客できた」「英語の深い意味まで教えてもらえるから楽しい!」など、学生たちからの評判も上々です。

SNS Share

TG-PRESS

TG-PRESS

なぜ、TOGAKUの学生は成長できるのか?その理由に迫ります!

DIGITAL PAMPHLET

DIGITAL PAMPHLET

大学案内、各学部のパンプレットをご覧いただけます。