英語コミュニケーション学科

先輩の声: 教職

教職

「教育」を学ぶのは、机の上だけだと難しい。
中学校での授業補助で先生の「本当の仕事」や生徒の成長する姿を見て教職という仕事への思いがさらに強くなった。

渡辺玲二さん

My History

大学生でも、実習先の生徒たちにとっては「先生」「大人」。
教え方はもちろん言葉や態度にも自覚が出て、成長できた。

高校時代

高校時代

教師を目指したきっかけは、中学校で出会った英語の先生。もともと高校を卒業後は就職する予定でしたが、高校3年の時に思い切って「英語教諭になりたい」という思いを親に打ち明け、大学進学へと進路を変更しました。

大学1~2年

大学1~2年

教職課程は履修する科目の数が多いですが、興味がある分野なので楽しかったです。2年の後半からは塾講師のアルバイトもはじめ、生徒の反応を見ながら授業をすることで教え方の幅が広がりました。

大学3年
わたしのターニングポイント

大学3年

教授の薦めで「ちば!教職たまごプロジェクト(たまプロ)」に参加して、千葉県の中学校で授業補助を経験。実際の教育現場に立ったことで教員の仕事の大変さを知ると同時に生徒の成長を支えたいという思いが高まり、改めて「教職に就きたい」と強く決意しました。

大学4年

大学4年

大学と塾講師のアルバイトを両立させつつ教員採用試験に向けて猛勉強! 一次試験合格後は、教育実習の準備と卒業論文の執筆を並行して頑張っています。大学の授業で印象的だったのは「Progressive English」。実践的かつ文法もしっかり学べたので英語に対する理解が深まり、身近な事例を用いる教え方は自分が授業をする上での参考にもなりました。

「英語」の授業を通して
外国に興味を持ち、
英語を好きになってほしい!

こんな科目があります

教職概論

教職を目指す第一歩として、「教師という存在」や「教職の意義」「求められる能力」について学び、自分の適性や身に着けるべき知識と技能について考える。

英語科教育法

中学校・高等学校の教材についての研究・分析、学習指導案の作成、模擬授業などに取り組み、英語教員に求められる実用的な知識と実践的な技能を身に着ける。

学校体験活動

「ちば!教職たまごプロジェクト」など、教育委員会などが教員志望学生に向けて実施している学校体験活動のプログラムに参加し、教職への理解を深める。

SNS Share

TOGAKU PRESS

TOGAKU PRESS

なぜ、TOGAKUの学生は成長できるのか?その理由に迫ります!

DIGITAL PAMPHLET

DIGITAL PAMPHLET

大学案内、各学部のパンプレットをご覧いただけます。