グローバル・コミュニケーション学科

先輩の声: 中国語・長期留学

中国語・長期留学

中国語を勉強したい、留学に行きたい…
やりたいことに言い訳をして諦めていた高校時代。
中国長期留学という後がない環境に飛び込み語学力も精神面も大成長!

江口佳凛さん

My History

先生や友人に背中を押され、中国長期留学へ。
中国語はもちろん、「やってみる」精神が身についた。

高校時代

高校時代

好きなアイドルの影響で韓国語を独学で勉強。英語も頑張っていました。本当はその頃から中国語も勉強したかったし、色々な国に行きたかったのですが、当時は何かと理由をつけては諦めてしまっていました。

大学1年

大学入学後は英語と韓国語に加えて、念願だった中国語の授業を履修。先生の薦めで「鑑真杯」にも挑戦し、毎日個人指導を受け、必死で練習しました。春休みには中国研修旅行に参加し、現地学生と交流しました。

わたしのターニングポイント
鑑真杯

鑑真杯
※鑑真杯…本学と中国の浙江旅游職業学院が共催する中国語のスピーチコンテスト。江口さんは2017年度に暗唱・朗読部門2位、2018年度にスピーチ部門で1位(全体グランプリ)を獲得。

大学2年の春休み

長期留学したい気持ちはずっとあって、でも最後の一歩を踏み出せないまま。一方で、2度目の「鑑真杯」では念願のグランプリを受賞し、再び中国研修旅行に参加しました。そこで、先に長期留学していた友人と久々に再会。「(自分より)先に成長したな!」という思いと、彼女の決断力の凄さに影響され、その場で長期留学への挑戦を決意しました。

学期末の発表会

学期末の発表会

留学中の授業風景

留学中の授業風景

大学3年~現在

3年の9月から翌1月まで念願の中国長期留学へ!初めは先生との会話すら大変で心が折れかけましたが、留学仲間の頑張る姿を見て奮起。多文化の国である面白さや人々の温かさも実感しました。帰国後は留学の経験を活かし、言語能力や地域の対応力と観光満足度の関係について研究中です。

語学力と知識を磨き、
仕事で中国に関わりたい!

こんな科目があります

中国語会話

ネイティブ・スピーカー教員による指導で中国語の会話力や翻訳の力を磨くとともに、中国の現在、文化、考え方についての理解・認識を深め、日中の相互理解に役立てる。

中国・韓国の社会と文化

日本、中国をはじめとしたアジア諸国について、毎回国内外の専門家を招き、政治、経済、文化、テクノロジーなど様々な切り口から学ぶオムニバス講座。

多文化社会論

グローバル化により異なる社会・文化的背景を持つ人びとが行き交う中で、様々な背景をもつ人びとが共によりよく生きる社会をどのように構築できるか、私たちに何ができるかを学ぶ。

SNS Share

TOGAKU PRESS

TOGAKU PRESS

なぜ、TOGAKUの学生は成長できるのか?その理由に迫ります!

DIGITAL PAMPHLET

DIGITAL PAMPHLET

大学案内、各学部のパンプレットをご覧いただけます。