新着情報

八塩ゼミ×(株)東急モールズデベロップメントの産学連携プロジェクト、中間発表が終了

2019.08.09

現代経営

現代経営学部「マーケティングとメディア研究ゼミ」(八塩圭子准教授)と株式会社東急モールズデベロップメントとの産学連携プロジェクトにて、8/2(金)に中間発表を行いました。

同プロジェクトは、八塩ゼミの3年生が企業との産学連携でマーケティングの実務を疑似体験する機会を作ると同時に、株式会社東急モールズデベロップメントの若手社員に対する研修として活用していただく目的でスタート。

学生たちは5月に同社の運営する「二子玉川ライズ・ショッピングセンター」「武蔵小杉東急スクエア」「たまプラーザ テラス」「港北TOKYU S.C」という4つのショッピングセンターを視察したほか、同社の入社2年目の社員の方々とディスカッションを行って情報を集め、各施設の課題とそれを解決する企画についての研究を行っています。

中間発表では4チームがそれぞれの研究対象となったショッピングセンターについて、現時点での問題設定と企画案をプレゼンテーション。

館内MAPとして位置情報を利用したアプリを活用するアイデアをはじめ、特徴的な施設を活かした親子向けイベントの企画、ターゲット層を広げるためのインスタグラム活用施策、買い回りを促進するための戦略など、様々な企画が提案されました。

また、その根拠となる学内アンケートや外部企業への取材といった調査・分析の進捗状況についても発表し、社員の方々との質疑応答も活発に行われました。

中間発表にはこれまでご協力いただいてきた若手社員の方々に加えて人事部・広報部の社員の方々にもご出席いただき、提案内容の実現性やエビデンスについての意見交換が行われたほか、実際に同社が手掛けた類似企画について教えていただくなど、様々なアドバイスと温かなエールをいただきました。

学生たちは今回の中間発表で社員の方々から指摘された内容を踏まえて今後も研究を進め、秋学期に最終プレゼンテーションを行う予定です。

SNS Share

TG-PRESS

TG-PRESS

なぜ、TOGAKUの学生は成長できるのか?その理由に迫ります!

DIGITAL PAMPHLET

DIGITAL PAMPHLET

大学案内、各学部のパンプレットをご覧いただけます。