教育方針(3つのポリシー)

グローバル・コミュニケーション学部 教育方針(ポリシー)

ディプロマ・ポリシー (卒業認定・学位授与に関する方針)

東洋学園大学では3学部4学科が求める以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生に卒業が認定されます。

グローバル・コミュニケーション学部は、様々な社会事象を正確に判断し、自己の考えを的確に発信することができるコミュニケーション能力と英語による情報や相手の意向などを理解し、自分の考えなどを表現することができるコミュニケーション能力を身に付けた人材を広く社会に輩出することにより、グローバル社会の発展と向上に貢献する人材の育成を目的とする。

(1) グローバル・コミュニケーション学科は、自国や諸外国の地域や文化、社会に関する知識の理解を深めるとともに、現代社会における重要な主題や現代社会が直面する諸課題に関する知識及び社会事情について総合的に理解することにより、実際に生起する社会事象を正確に判断し、自己の考えを的確に発信することができる現代教養人としてのコミュニケーション能力を有して、ビジネスや文化交流、社会活動、地域貢献などの幅広い分野で中核的な役割を担うことができる人材の養成を目指す。

(2) 英語コミュニケーション学科は、英語を通じて、言語や文化に対する理解を深め、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度の育成を図り、英語の情報や相手の意向などを理解し、自分の考えなどを表現するコミュニケーション能力を養うとともに、英語に関する専門的な知識の理解のもとに、英語教育に関する基礎理論や指導法について理解することにより、国際社会や英語教育活動に必要となるコミュニケーション能力を有して、国際関連産業や文化関連産業、教育関連産業などの幅広い分野で活躍することができる人材の養成を目指す。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

東洋学園大学ではアドミッション・ポリシーに共感し、未来に対する鋭い洞察力、豊かな想像力を基に、的確な意思決定能力を身につけ社会に貢献したいという意志を持つ学生に対し、その思いの実現に向けて以下の方針で教育課程を編成します。基本教育科目及び専門教育科目の教育課程の編成において、3学部4学科のそれぞれの教育目標に向かって、順次的、体系的で整合性の取れた教育課程を編成しています。

(1) 教養教育の推進
(2) 英語教育の重視
(3) 少人数教育の実施
(4) 詳細な授業計画の作成
(5) セメスター制とキャップ制
(6) 厳格な成績評価
(7) 学部・学科の相互交流

基本教育科目では46単位以上、専門教育科目では78単位以上、合計124単位以上の単位修得が卒業要件となります。

アドミッション・ポリシー(入学者選抜方針)

東洋学園大学の理念・目的

東京の中心かつ文教の地である本郷で90年の歴史を有する東洋学園大学は、『自彊不息(じきょうやまず、たゆまず自ら努めて励むの意)』を建学の精神とし、「時代の変化に応える大学」「国際人を育てる大学」「面倒見の良い大学」を教育目標の3本の柱に掲げています。

グローバル化する世界の中で、世界の人々の違いや異文化を理解して受け入れる許容力・受容力やどのような状況にあっても力強く生きるたくましさを身につけるとともに、自分の意見を相手に上手に伝え、新しい人間関係を築いていくことのできる人材を育成します。

新たな時代に向け、「英語力」「教養力」「社会力」を身に付けた、「時代に求められる人材」を育てます。

求める学生像

東洋学園大学での教育活動を通じて自らの可能性を見出し、発揮し、自分をレベルアップしようとする意志や、未来に対する鋭い洞察力、豊かな想像力を基に、的確な意思決定能力を身につけ社会に貢献したいという意志を持ち、本学の専門分野への強い関心とその基礎となる学力を備えた学生を求めています。

入学を希望する人は、高等学校等において、英語・国語・数学を中心とした基礎学力を身につけておいてください。本学での「入学予定者事前教育」科目であり、初年次教育必修科目である「教養基礎演習」にもつながる科目です。

また、本学では、定期試験・レポートの成績や授業中の学習態度、授業の出席状況を重視する「GP評価」という厳格な成績評価を行っています。授業の出席状況が悪い場合は、大学の単位が修得できません。高等学校等でも体調管理に気をつけるよう心掛けてください。

グローバル・コミュニケーション学部のアドミッション・ポリシー

■教育目標

グローバル・コミュニケーション学部では、以下を教育目標に掲げています。

  • 時代の変化に対応し、グローバル化する世界における新たな教養としての領域横断的な生きた知識を学ぶ。
  • 豊かな教養を土台として、日本語や英語をはじめとする外国語、コンピュータの基本的な技能も含む「言葉」のスキルを磨き、社会で活躍するための論理的思考力とコミュニケーション能力を身につける。

■求める学生像

グローバル化する文化・社会の様々な事象を正確に理解し、自己の考えを的確に発信することができる能力と、自他の言語や文化に深い関心を持ち、様々な言語による情報や相手の意図などを理解し、自分の考えなどを表現することができるコミュニケーション能力を身に付けることを希望している人材を求めています。

グローバル・コミュニケーション学部においては、英語やその他の言語によるコミュニケーション能力をさらに高めたいという意欲を見るために、調査書を参照します。得点や結果にかかわらず、英語をはじめとする諸外国語の資格にチャレンジする姿勢を評価します。

現代経営学部 教育方針(ポリシー)

ディプロマ・ポリシー (卒業認定・学位授与に関する方針)

東洋学園大学では3学部4学科が求める以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生に卒業が認定されます。

現代経営学部現代経営学科は、変貌を遂げる社会的環境の中で、多様化、高度化、複雑化、国際化する現代的な経営課題を的確に認識し、現代的な視点から問題解決ができる基礎的な知識や能力に加えて、21世紀の現代の社会人に求められている幅広い視野と豊かな人間性を兼ね備えた人材の育成を目的とする。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

東洋学園大学ではアドミッション・ポリシーに共感し、未来に対する鋭い洞察力、豊かな想像力を基に、的確な意思決定能力を身につけ社会に貢献したいという意志を持つ学生に対し、その思いの実現に向けて以下の方針で教育課程を編成します。基本教育科目及び専門教育科目の教育課程の編成において、3学部4学科のそれぞれの教育目標に向かって、順次的、体系的で整合性の取れた教育課程を編成しています。

(1) 教養教育の推進
(2) 英語教育の重視
(3) 少人数教育の実施
(4) 詳細な授業計画の作成
(5) セメスター制とキャップ制
(6) 厳格な成績評価
(7) 学部・学科の相互交流

基本教育科目では46単位以上、専門教育科目では78単位以上、合計124単位以上の単位修得が卒業要件となります。

アドミッション・ポリシー(入学者選抜方針)

東洋学園大学の理念・目的

東京の中心かつ文教の地である本郷で90年の歴史を有する東洋学園大学は、『自彊不息(じきょうやまず、たゆまず自ら努めて励むの意)』を建学の精神とし、「時代の変化に応える大学」「国際人を育てる大学」「面倒見の良い大学」を教育目標の3本の柱に掲げています。

グローバル化する世界の中で、世界の人々の違いや異文化を理解して受け入れる許容力・受容力やどのような状況にあっても力強く生きるたくましさを身につけるとともに、自分の意見を相手に上手に伝え、新しい人間関係を築いていくことのできる人材を育成します。

新たな時代に向け、「英語力」「教養力」「社会力」を身に付けた、「時代に求められる人材」を育てます。

求める学生像

東洋学園大学での教育活動を通じて自らの可能性を見出し、発揮し、自分をレベルアップしようとする意志や、未来に対する鋭い洞察力、豊かな想像力を基に、的確な意思決定能力を身につけ社会に貢献したいという意志を持ち、本学の専門分野への強い関心とその基礎となる学力を備えた学生を求めています。

入学を希望する人は、高等学校等において、英語・国語・数学を中心とした基礎学力を身につけておいてください。本学での「入学予定者事前教育」科目であり、初年次教育必修科目である「教養基礎演習」にもつながる科目です。

また、本学では、定期試験・レポートの成績や授業中の学習態度、授業の出席状況を重視する「GP評価」という厳格な成績評価を行っています。授業の出席状況が悪い場合は、大学の単位が修得できません。高等学校等でも体調管理に気をつけるよう心掛けてください。

現代経営学部のアドミッション・ポリシー

■教育目標

現代経営学部では、以下を教育目標に掲げています。

  • 教員と学生、あるいは学生同士で話し合いながら、課題を整理し解決法を考えていく「事例研究(ケーススタディ)」により現代を生き抜く力を育成し、現代社会に有意な人材を社会に輩出する。

■求める学生像

現代経営学部では、現代社会を読み解き、現実にある課題を見つけて解決できる人材を育成するために、社会に貢献する意欲と専門分野を学ぶのに十分な基礎学力を有し、事例研究(ケーススタディ)や専門演習科目などによるグループワークを通じて、課題解決を図るための知識と方法論やプレゼンテーションなどの技法を実践的に習得したい人、あるいは、実証研究により、分析力と論理的思考力、柔軟な発想力を習得したい人を求めています。

現代経営学部においては、問題解決能力やプレゼンテーション能力の育成に力を注いでいます。どちらの能力にも、相手の立場に立って考える力が必要です。調査書を参照し、高等学校までのさまざまな体験や経験を通して、相手を思いやり自分の人間性を高めようとする意欲や姿勢を評価します。

人間科学部 教育方針(ポリシー)

ディプロマ・ポリシー (卒業認定・学位授与に関する方針)

東洋学園大学では3学部4学科が求める以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生に卒業が認定されます。

人間科学部人間科学科は、人間に関わる諸問題を深く多角的に理解することにより、人のこころとからだの健康の維持・増進・改善等に参与し、充実した幸せな暮らしの実現に寄与することのできる能力、および社会の様々な場面における人間関係を調整する能力を修得し、豊かで実りある人と人とのつながりの実現に貢献することのできる人材の育成を目指す。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

東洋学園大学ではアドミッション・ポリシーに共感し、未来に対する鋭い洞察力、豊かな想像力を基に、的確な意思決定能力を身につけ社会に貢献したいという意志を持つ学生に対し、その思いの実現に向けて以下の方針で教育課程を編成します。基本教育科目及び専門教育科目の教育課程の編成において、3学部4学科のそれぞれの教育目標に向かって、順次的、体系的で整合性の取れた教育課程を編成しています。

(1) 教養教育の推進
(2) 英語教育の重視
(3) 少人数教育の実施
(4) 詳細な授業計画の作成
(5) セメスター制とキャップ制
(6) 厳格な成績評価
(7) 学部・学科の相互交流

基本教育科目では46単位以上、専門教育科目では78単位以上、合計124単位以上の単位修得が卒業要件となります。

アドミッション・ポリシー(入学者選抜方針)

東洋学園大学の理念・目的

東京の中心かつ文教の地である本郷で90年の歴史を有する東洋学園大学は、『自彊不息(じきょうやまず、たゆまず自ら努めて励むの意)』を建学の精神とし、「時代の変化に応える大学」「国際人を育てる大学」「面倒見の良い大学」を教育目標の3本の柱に掲げています。

グローバル化する世界の中で、世界の人々の違いや異文化を理解して受け入れる許容力・受容力やどのような状況にあっても力強く生きるたくましさを身につけるとともに、自分の意見を相手に上手に伝え、新しい人間関係を築いていくことのできる人材を育成します。

新たな時代に向け、「英語力」「教養力」「社会力」を身に付けた、「時代に求められる人材」を育てます。

求める学生像

東洋学園大学での教育活動を通じて自らの可能性を見出し、発揮し、自分をレベルアップしようとする意志や、未来に対する鋭い洞察力、豊かな想像力を基に、的確な意思決定能力を身につけ社会に貢献したいという意志を持ち、本学の専門分野への強い関心とその基礎となる学力を備えた学生を求めています。

入学を希望する人は、高等学校等において、英語・国語・数学を中心とした基礎学力を身につけておいてください。本学での「入学予定者事前教育」科目であり、初年次教育必修科目である「教養基礎演習」にもつながる科目です。

また、本学では、定期試験・レポートの成績や授業中の学習態度、授業の出席状況を重視する「GP評価」という厳格な成績評価を行っています。授業の出席状況が悪い場合は、大学の単位が修得できません。高等学校等でも体調管理に気をつけるよう心掛けてください。

人間科学部のアドミッション・ポリシー

■教育目標

人間科学部では、以下を教育目標に掲げています。

  • 「心」「身体」「社会」についての科学である「人間科学」を多角的かつ総合的に学び、「人を支える人」として社会に貢献できる人材を育てる。

■求める学生像

人間科学部は、次のような能力、意欲、関心を有する人を求めています。

  • 「心」「身体」「社会」に関心を持ち、相手の困難な状況や苦しみを理解し共感できる人。
  • 心や身体の発達に関する知識を得て、その支援に貢献したい人。
  • スポーツや運動の経験を活かして、人々の健康を増進する技能を身につけることができる人。
  • グローバル社会の中で人間が直面するさまざまな課題を理解し、地域社会と人間をつなげる仕組みを考え、その解決に関わりたい人。

人間科学部においては、「人を支える人」として、人や社会に貢献するための準備を進めているかを見るために、調査書を参照します。生徒会活動、部活動やボランティア活動など、人や社会とつながろうとする姿勢を評価します。

SNS Share

TG-PRESS

TG-PRESS

なぜ、TOGAKUの学生は成長できるのか?その理由に迫ります!

DIGITAL PAMPHLET

DIGITAL PAMPHLET

大学案内、各学部のパンプレットをご覧いただけます。