学長メッセージ

東洋学園大学学長 辻中 豊

自彊不息じきょうやまず」、フィールド探しの旅へようこそ

受験生(そしてご家族)の皆さまへ

東洋学園大学は、本郷台地の先端に、自彊不息の精神で約100年の歴史を刻んできました。五経最古の『易経』に発する、自彊不息というマジックワードは、21世紀の私たちにとっても原点となる言葉です。といっても古い言葉なので少し説明が必要ですね。

自彊の「彊」という字をよく見ると、弓と一と田と一と田と一から成っています。田んぼを区切り弓で守る、という意味を示す象形文字ですね。つまり、自彊不息というのは、自分の愛するフィールドをしっかり休みなく、自分で強化し続ける、ということですね。
たゆまず自ら努めて励む、学び続けることですが、まず大切なのは、自分の好きなフィールドを見つけることです。好きなフィールドさえ見つかれば、難しいことではないでしょう。それが好きなのですから。
でも、自分の好きなフィールドはどこにあるのでしょうね。実はそれが問題です。一人ひとり違うはずですね。
漢字が示すように昔のお百姓さんには田や畑ですが、21世紀に生きる今の皆さんにとっては何でしょう。東洋学園大学は、時代の変化に応える国際人を育てる、とても面倒見のよい大学です。グローバルな視点とスキル、人間への深い理解、そして組織の経営、3つの角度から多彩な教員が真摯に、そして丁寧に、皆さんの自身のフィールドへの旅をサポートします。
皆さんが、この大学生活の中で、一生、続けていける、自分の好きなフィールドを見つけてほしい、そのためのあらゆる助力をしっかりしたいと私たちは考えています。

ここ本郷キャンパスは、皆さんのフィールド探しに最適な出発点です。日本の近代、150年余の知の旅は、皆さん同様、この本郷台地で始まったのです。ここから多くの道が伸びて行きますよ。さあ、そろそろ出発の時ですね。ようこそ、楽しい旅に。

辻中 豊
辻中 豊

東洋学園大学学長

Yutaka TSUJINAKA

大阪大学大学院法学研究科公法学専攻(修士)。博士(法学)京都大学。コーネル大学客員(フルブライト、ACLS)研究員。筑波大学人文社会系教授、副学長。東海大学政治経済学部教授、副学長。国際大学協会アジア代表理事(2012-16)。日本政治学会理事長(2014-16)。学校法人東洋学園評議員、理事を経て現職。

SNS Share

TOGAKU PRESS

TOGAKU PRESS

なぜ、TOGAKUの学生は成長できるのか?その理由に迫ります!

DIGITAL PAMPHLET

DIGITAL PAMPHLET

大学案内、各学部のパンプレットをご覧いただけます。