在学生のリアルに迫る!東学探偵事務所

先輩に聞く 内定獲得への道
久保田 龍也さん
日栄インテック株式会社 内定
グローバル・コミュニケーション学科
4年
TATSUYA KUBOTA
東京都立竹台高等学校 出身
内定先は?
配管金具を中心に太陽光発電や植物工場など幅広い製品を開発・製造・販売しているBtoBのメーカーです。
就職活動を始めた時期は?
具体的に動いたのは活動解禁となる3年の春休みから。志望業種や業界が決まっていなかったので、まずは様々な会社を知ろうと学内企業セミナーや学外の合同説明会に参加しました。
就活のポイントは?
面接に苦手意識があり、大学の面接講座やグループディスカッション講座を利用して場数を踏んでから本番に備えました。また、説明会や選考には就活ノートを必ず持参し、基本情報や説明内容のほか、採用担当者の名前や会社の印象、自分がどう考えたかをメモ。帰宅後に見やすく清書することで、頭を整理するようにしていました。選考が始まってからは面接内容も書きこみ、質問事項を一つひとつ検討。就活がうまく進まないときは、大学のキャリアセンターで担当スタッフに話をして、モチベーションを維持しました。
大学時代にやってよかったことは?
ゼミで韓国の大学生と交流し、来日した学生に東京を案内したことは、色々な企業の面接でも興味を持たれました。同期に留学生がいたり海外に工場があったりという内定先をはじめ、グローバル化を意識している企業が多い感触はありました。大学にはゼミはもちろん留学や講座など色々な機会が用意されているので、活用できるものは積極的に活用するべきだと思います。
将来の目標は?
営業職として、日常会話からニーズを引き出せるようにコミュニケーション力を高めたいです。

先輩に聞く 内定獲得への道

SNS Share