TOGAKU生のリアルに迫る!東学探偵事務所

在学生の「自分はコレで成長した」
森山 真央さん

TOGAKU初の中国長期留学に挑戦!
中国語はもちろん、人としても成長

英語コミュニケーション学科
4年
※取材当時は3年
MAO MORIYAMA
福島県立原町高等学校 出身

中国の学生の真面目さに衝撃を受け自分を変えるために留学を決意

1年生の時に中国語を履修して、春休みに浙江旅游職業学院への短期留学プログラムに参加。同校の日本語専攻の学生と仲良くなったことが長期留学を決断したきっかけです。
中国の学生はみんな物凄く真面目なんです。自分は正直、留学に行くまでは怠惰な生活だったのですが、中国の学生の姿に衝撃を受けて、変わらなきゃ、と思って。帰国してすぐに長期留学に行きたいと先生に相談して、2年生の9月から浙江旅游職業学院の語学クラスに留学することができました。

寮生活では早寝、早起き、3食きっちり。勉強の習慣が身につき一気に成長

地元人気TV番組に留学生代表として出演

留学中は、中国の学生たちと一緒の寮生活。朝昼晩の3食しっかり食べて毎日早寝、早起きし、朝から夕方まで勉強して夜は校庭を歩いたり走ったりして運動…という現地学生の生活を真似したら、生活リズムが改善して、勉強習慣も身につき、3kg痩せました!
中国語力もすごく伸びて、前期は初級クラスだったのに後期からは中級を飛ばして高級(上級)クラスに。授業は全て中国語でも理解できるし、文章もピンインなしで読み、発音も良くなって日常会話でも友達と自由に話せるようになりました。他の留学生と交流したり、先生の薦めで現地のTV番組に出演して留学中の暮らしについて英語でインタビューを受けたりと色々な経験ができたこともあり、自分に自信がつきました。大気汚染(PM2.5)の実態も感じたし、スマホを落とすなどのトラブルもありましたが、本当に中国に長期留学して良かった、成長できたと感じています。帰国後もこの経験を活かして頑張り、HSK(中国語検定)6級を取得して中国に関われる仕事を目指します!

在学生の「自分はコレで成長した」

SNS Share