TOGAKU生のリアルに迫る!東学探偵事務所

在学生の「自分はコレで成長した」

グローバルに働くことを目標に、
韓国の大学での学びに挑戦

グローバル・コミュニケーション学科
2022年卒
※取材当時は4年
FUMI TAKAMIYA
私立鹿島学園高等学校 出身

アーティストへの興味から
韓国語を学ぶ

高校3年生の時、韓国アーティストの影響で韓国語に興味を持ち、語学教室に通いはじめました。YouTubeやラジオで耳から覚えたり、読書をしたり、趣味を楽しみながら学ぶうちに、分からない言葉も理解できるように。大学でも韓国語を履修し、独学で分からなかったところも授業や先生への質問で理解が進み、力をつけることができました。

友人との会話で
モチベーションをアップ

TOPIK6級合格で学部長賞を受賞

TOPIK6級合格で学部長賞を受賞

韓国にも何度も観光で行き、現地の友人と話すことが一番、語学のレベルアップにつながったと思います。友人たちが何で盛り上がっているかわからないと悔しく、頑張ろうという気持ちになりました。韓国の良さは、人の温かさや距離感の近さ。日本ではネガティブな情報が流れることもありますが、実際に行ってみると、見知らぬ人でもとても親切にしてくれます。聞くことにも話すことにも積極的にチャレンジできたし、面白かったので勉強という意識はありませんでした。3年次にTOPIK(韓国語能力試験)を受けたのも、楽しんでいることで資格も得られたら、という気持ちから。TOPIKⅡは2度目の挑戦時に300点満点で265点を取り、一番上の6級を取得。でもこれでも満足できず、もう一度受検してさらに高い得点を取ることができました。

日韓のマーケティングを学ぶために、
韓国の大学に進学

大学卒業後、ソウルにある大学の経営学部3年次に編入します。ビジネス向けの韓国語を学ぶうちにマーケティングに興味がわき、日本と韓国両方の市場を理解したいと思ったことがきっかけです。留学中は、現地でアルバイトもしてみたいし、インターンシップも体験してみたい。卒業後には、韓国で働くことも視野に入れて韓国語を完璧にマスターし、仕事の選択肢を広げたいと思っています。

韓国留学への抱負

在学生の「自分はコレで成長した」

SNS Share