新着情報

第5回宣伝会議賞中高生部門協賛企業賞(東洋学園大学)の記念品を市川高等学校1年生に贈呈

2021.11.02

メディア

受験生

お知らせ

「第5回宣伝会議賞(中高生部門)」にて、東洋学園大学のキャッチコピーを応募し協賛企業賞を受賞した私立市川高等学校1年の俵司拓歩さんに本学からの記念品を贈呈しました。

(写真左から)市川中学・高等学校の宮﨑章校長、協賛企業賞を受賞した俵司拓歩さん、本学広報室の相川徹人部長

「宣伝会議賞」とは、実在する企業の商品・サービスを課題として、キャッチフレーズやCM企画などのアイデアを募集する公募型のコンテストです。
「宣伝会議賞(中高生部門)」は、文字通り中学生・高校生を対象としたコンテストで、様々な企業のキャッチコピーをテーマに作品募集が行われており、昨年度実施された第5回では、東洋学園大学からの課題に対して多数の応募をいただきました。
その中から協賛企業賞に選ばれたのが、以下のキャッチコピーです。

今こそ当たり前をぶち壊せ、新しい「当たり前」を僕らがつくる

この作品を応募したのが、私立市川高等学校1年の俵司拓歩さん(応募当時中学3年生)。
本学からの記念品として、受賞作品のキャッチコピーとイラスト入りのビジュアル額装を贈呈することとなり、10/27(水)に本学広報室の相川徹人部長が市川高等学校を訪問。
コロナ禍の影響で約半年遅れとなりましたが、俵司さんへ記念品を直接手渡し、応募への御礼を伝えました。

俵司さんと本学広報室の相川部長

当日は市川高等学校の校長である宮﨑章先生をはじめ、学年主任や担任の先生にもご同席いただき、「協賛企業賞をいただけるなんて思っていなかったので大変うれしいです。今年度もぜひ応募したいと思います」(俵司さん)と、嬉しい言葉もいただきました。

「宣伝会議賞(中高生部門)」は、現在、第6回コンテストの作品を募集中。
東洋学園大学は、「あなたが学長になったとして、中高生に東洋学園大学の魅力を伝えるアイデア」(キャッチフレーズ)として参加しています。
中高生の皆さんからのご応募をお待ちしています。

「宣伝会議賞(中高生部門)」本学の課題について詳しくはこちら
https://life.tyg.jp/sendenkaigisho/

SNS Share

TOGAKU PRESS

TOGAKU PRESS

なぜ、TOGAKUの学生は成長できるのか?その理由に迫ります!

DIGITAL PAMPHLET

DIGITAL PAMPHLET

大学案内、各学部のパンプレットをご覧いただけます。