TOGAKU生のリアルに迫る!東学探偵事務所

在学生の「自分はコレで成長した」
田中 陽太さん

20人以上が集まった記者発表会で
学生代表としてプレゼンテーション

現代経営学科
2年
YOTA TANAKA
千葉県立千葉商業高等学校 出身

大勢のメディアを前に堂々プレゼン、産学“寺”連携プロジェクトで活躍!

大勢のメディアを前に堂々プレゼン、産学“寺”連携プロジェクトで活躍!

2年次春学期の「企画・プレゼンテーション技法」という授業で、港区にある正傳寺というお寺の活性化をテーマに企画案を立てプレゼンテーションをすることに。学内での発表を経て、学生代表として住職へのプレゼン、記者発表会、NHKの生放送にも出演しました。一生に何度もあるとは思えない経験が2年生のうちにできたことは、本当に運が良かったと思っています。もともと「プレゼンだけは負けたくない」と密かに思っていたのですが、周りから評価してもらえたことで自信がつき、自分から前に出られるようになりました。

プレゼンとマーケティングの共通性を発見。学ぶことがさらに面白くなってきた

自分のチームの企画案は「お葬式体験」で、学内の評価は高かったのですが、いざ学外に出たら、別チームの企画のほうが住職や社長からの評価が高かったんです。悔しくて、理由を聞いて周りました。記者発表会で他チームの提案も含めてプレゼンすることになったこともあって、全ての企画内容を改めて読み込んで咀嚼して…。友人には「本当に負けず嫌いだな」と言われました。でも、真剣に取り組むうちに、企画の社会的意義や世の中の動き、費用の出どころなどにも目を向けられるようになりました。プレゼンもマーケティングも、ターゲットにどうアプローチするかで反応が変わる。その面白さに気づいたので、今後はさらにマーケティングを深く学んでいきたいと思います。

在学生の「自分はコレで成長した」

SNS Share