新着情報

[公開講座]太陽系大航海時代の始まり!深宇宙探査技術の現在を学ぶ。第4回報告

2019.08.09

キャンパスライフ

8/6(火)、「公開講座 リベラルアーツ」第4回を開講。

講師に宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所(ISAS)の所属でIKAROSチーム長、はやぶさ2プロジェクトチーム、OKEANOS準備チーム長などを歴任されている森 治氏を迎え、「日本の深宇宙探査技術」というテーマで講義をしていただきました。

講師の森 治氏

「はやぶさ」や「はやぶさ2」に携わり、深宇宙探査技術に関する第一人者である森氏の講義ということで、大人から子どもまで50名の受講生が来場。
講義では、まず人工衛星とは異なり、遠く離れた星へ行き、また地球に帰ってくるための宇宙機に必要な燃料や電力のお話から、2010年に実施された「燃料を使わない『夢の宇宙船』」ソーラーセイル(宇宙ヨット)である「イカロス」のミッションと機体構造やシステムについてお話しいただきました。

2018年6月に小惑星「リュウグウ」に到着した「はやぶさ2」について、ローバによる小惑星表面での移動探査、衝突装置による人工クレータの形成、二度のタッチダウンによる表面物質と地下物質の採取など世界初のミッションについて、実際に撮影された写真とともに詳しく解説。

さらに、今後予定されている「オケアノス計画」についても説明いただき、モノづくり大国として世界の先頭を走る日本の深宇宙探査プロジェクトについてお話しいただきました。

今期の公開講座はこれで最終回となります。
大勢の方にご参加いただき、ありがとうございました。
https://www.tyg.jp/k-kouza/index.html

 

SNS Share

TG-PRESS

TG-PRESS

なぜ、TOGAKUの学生は成長できるのか?その理由に迫ります!

DIGITAL PAMPHLET

DIGITAL PAMPHLET

大学案内、各学部のパンプレットをご覧いただけます。