在学生のリアルに迫る!東学探偵事務所

先輩に聞く 内定獲得への道
小澤 相太さん
綜合警備保障株式会社(ALSOK) 内定
グローバル・コミュニケーション学科
4年
SOTA OZAWA
都立南葛飾高等学校 出身
内定先の仕事内容は?
警備サービス業界で国内2位の会社で、銀行のATM等を警備する警備輸送業務に携わる予定です。
就職活動を始めたのはいつ?
3年の夏休み、介護業界とスーパーのインターンシップに参加。そこで「人とコミュニケーションをする仕事に就きたい」というイメージが沸き、就活解禁後の3月~4月は業界を絞らず様々な企業の説明会に毎日参加しました。会社の中に入って社員の人の話を聞けるのは滅多にないチャンス。社会勉強のつもりで、楽しく活動できました。
警備業界を志望した理由は?
ゼミ長として韓国の学生との交流会や学園祭の出店など様々なプロジェクトに関わり、責任感を持って活動することに楽しさとやりがいを感じました。人々の安心・安全を守る警備業は責任が重く、その反面、社会的信頼も大きいことから、やりがいを感じられると思って志望。2020年のオリンピックに携わり、日本ならではの安心・安全を守りたいという思いも、内定先を志望した理由です。
就職活動のポイントは?
TOGAKUはゼミの教授やキャリアセンターとの距離が近く、自己分析のヒントなど多くのアドバイスをもらいました。また、ゼミ長として仲間を束ねてプロジェクトを計画、実施し、反省して次の計画に繋げるという活動を積み重ねてきたことは、人事の方からも高い評価をいただけました。
後輩へのアドバイスは?
目の前のことをしっかり、積極的にやること。自分自身、アメリカへの短期留学で多文化に触れて自信がついたこと、ゼミで教授の課題に苦労しながら反省と実行を繰り返したことなど、大学に入ってから今までの経験の全てが就活に生きたと思うので。

先輩に聞く 内定獲得への道

SNS Share