在学生のリアルに迫る!東学探偵事務所

先輩に聞く 内定獲得への道
霜鳥 凌子さん
株式会社ブルーム そらまめ保育園 市川大野 内定(保育士)
人間科学科
4年
RYOKO SHIMOTORI
千葉県立松戸馬橋高等学校 出身
保育士を目指したきっかけは?
専攻は臨床心理学ですが、小学校の学童保育や障がい児向け放課後等デイサービスでのアルバイトを通じて「臨床心理の知識を活かしながら子どもの保育に関わりたい」と考え、保育士資格を取得することにしました。
国家試験の対策は?
大学3年から国家試験に向けた勉強をスタート。保育士試験用のテキストを1冊買い、電車の中や授業の空き時間を使って勉強。保育系の授業や過去問題で新しい知識を学び、テキストの行間に書き込んだり付箋を貼ったりして出題傾向や応用部分をカバーしました。実技対策として、お絵描きは1日2つのテーマを決め、時間を計って練習。読み聞かせはバイト先の保育士さんや子どもたちが練習に協力してくれました。友人や家族、大学の先生らの応援にも支えられて、4年の7月に資格を取得することができました。
就職先の選び方は?
保育士の就職支援サイトに登録して就職フェアにも参加したのですが、やはり実際に自分の目で見なければと考え、近所の保育園をいくつか見学して「ボランティアできますか?」と相談。実際にボランティアとして働きながら保育士や子どもたちの様子を見て、職場の環境や人間関係、自分のやりたい保育ができそうかどうかを確かめました。一度ボランティアをしたことで、その後の選考もスムーズに進みました。
今後の目標は?
臨床心理学の知識も活かしつつ、子どもをたくさん褒める保育士になること。一人ひとりの子どもに向き合い、「できた!」を見逃さずに褒めてあげて、その子のペースで新しいことに挑戦する手助けがしたいです。

先輩に聞く 内定獲得への道

SNS Share