教養教育

教養教育

時代の変化に柔軟に対応する幅広い知識や考え方を学べるのが、TOGAKUの教養教育の特長です。
自由な発想、自ら学ぶ姿勢を育みます。

自ら学び、教養を深めることで、
一人ひとりの可能性を引き出します。

将来を見つめることで、今、何をするべきかが見えてくる。
新しい扉を開き、未来をより豊かにしていくためには、深い教養と探求心が必要です。
TOGAKUの教養教育では、変化する時代に生きるための多彩な教養や物の考え方を修得できます。
自発的に学ぶ姿勢を養うことで、社会で活躍するための基礎となる、人間力を身につけます。

東洋学園大学の教養教育 2つの特長

01「学び合い」で主体性を育む新たな学習形態

自分を見つめ、自ら学ぶ力を育む。

将来、何をしたいのか?自分を知り、共に考えることを通して、自発的に学ぶ積極性が生まれます。

キャリアのススメ

キャリアのススメ

教員はもちろん、上級生の学生ファシリテーターや卒業して社会人となった先輩と共に考え、語り合うことを通し主体的に学び、情報発信力、コミュニケーション力など、これからの大学での学びや社会人として必要とされる能力を培います。

学内インターンシップ(スタートアップ・インターンシップ)

学内インターンシップ

(スタートアップ・インターンシップ)

企業でのインターンシップに備えて、まずは大学内で就業体験。
職員の立場から大学を経験することで、新たな発見も!

自校教育

自校教育

東洋学園は2016年11月に創立90周年を迎えました。
建学の精神や大学の歩みを知り、ここで学ぶことの意味を学長や職員と一緒に考えます。

02多角的な視点が得られる幅広い教養科目

多彩な教養科目で人間力を養う。

「もっと学びたい!」という前向きな学生の思いに応え、各学部・学科の専門を越えた幅広い領域をカバーする教養教育科目を用意。4年間を通じて履修可能なので、自分のタイミングで履修できます。専門分野の深い知識と幅広い教養をバランスよく身につけること、そしてそのベースとなる「学びたい」という能動的な姿勢を持つことは、社会で必要とされる人材になるために不可欠な要素です。

<教養教育科目の例>

人間理解

人間理解
  • 哲学
  • 心理学
  • 宗教学
  • 保健学
  • スポーツ

文化・芸術理解

文化・芸術理解
  • 文学
  • 音楽学
  • 舞台芸術
  • 映像文化
  • 世界の美術
  • 博物館学

社会理解

社会理解
  • 社会学
  • 法学
  • 情報学
  • 社会思想
  • 政治と経済
  • 近現代日本史

世界理解

世界理解
  • 文化人類学
  • 地理学
  • 世界の文化と地域社会
  • 国際関係学
  • 海外文化演習
  • 国際体験演習

現代の探求

現代の探求
  • 国際社会の抱える諸問題
  • 日本社会の抱える諸問題
  • 生活と環境
  • 科学技術と人間
  • 先端科学の世界
  • 現代社会とジェンダー

SNS Share

TG-PRESS

TG-PRESS

なぜ、TOGAKUの学生は成長できるのか?その理由に迫ります!

DIGITAL PAMPHLET

DIGITAL PAMPHLET

大学案内、各学部のパンプレットをご覧いただけます。