国際キャリアプログラム(ICP)

国際キャリアプログラム(ICP)

将来は国際ビジネスの最前線や国際機関、NGOなどで活躍!
1年間の学部留学とTOGAKUの教育で、徹底して英語と国際教養を学び、国際社会で活躍できる人材を育成します。

国際社会で活躍できる力を育成する、
東洋学園大学のフラッグシッププログラム。

国際キャリアプログラム(ICP)は、1年間の学部留学と、東洋学園大学の教育リソースを結集した徹底的な英語教育と国際教養教育によって、グローバル・キャリアへの可能性を広ます。国際ビジネスの最前線や、国際機関やNGOで活躍するための実践的な英語力、異文化理解、論理的表現力、問題発見・解決力を養う、特別なプログラムです。

伊藤樹應さん

学部留学を経験した先輩の声

伊藤樹應さん

2年次の9月からアメリカのユタバレー大学に学部留学。授業はもちろん、友達と過ごす中で文化や考え方、新しい学びを発見でき、毎日が最高に楽しかったです。留学中には日本語を学ぶ学生をサポートするチューターとしても活動し、とてもやりがいを感じたので、今後はその経験を活かして教育に関わる分野の学びを深めたいと思っています。

国際キャリアプログラム(ICP)とは?

英語で学び英語で考える授業!

al英語で学び英語で考える授業!t

学部留学に向けて、1年次から「英語で学び」「英語で考える」力を特訓。英語力を鍛えると同時に、教養科目や教科科目も英語で学びます。さらに、自分の意見を英語で考え、英語で発言する力も磨いていきます。

先輩の声

  • 週2回くらいの英語のプレゼンがあり、宿題もほぼ英語。今までで一番勉強しました!(2年)
  • 毎日英語で授業を受けるうちに、自然にリスニング・スピーキングができるようになった。(2年)

1年間の学部留学で現地の学生と共に学ぶ

1年間の学部留学で現地の学生と共に学ぶ

ICP最大の特長が、2年次秋学期からの1年間の学部留学。現地の大学に通い、現地の学生と共に専門分野を学びます。世界6ヶ国、20校以上の協定校があり、豊富な選択肢の中から自分に合う留学先を見つけられます。

先輩の声

  • ICPの授業が役立ち、留学先でもそこまで戸惑わずにすんだ。(3年)
  • 奨学金制度があったので、安心して留学に挑戦できました。(4年)

グローバル・キャリアへの可能性

グローバル・キャリアへの可能性

ICPに挑戦し、成長することで、卒業後は幅広いフィールドでの活躍が期待されます。ユニセフやFAOなどの国際機関、青年海外協力隊、グローバル企業への就職、さらに国内外の大学院やビジネススクールに進学する道も。

先輩の声

  • 学部留学でやりたいことを見つけ、海外でのインターンシップに挑戦しました。(4年)
  • 海外のIT企業に内定。キャリアUPして将来はバングラデシュの女性をエンパワーメントできるような仕事を目指します!(4年)

国際キャリアプログラム(ICP)学びの特長

徹底した英語教育

1年次から留学に向けた英語スキルを集中的に学びます。複数の教養科目も英語で学び、国際人に必要な知識と高いコミュニケーション能力を修得します。

グローバル・スキル教育

国際的キャリアを目指すための異文化コミュニケーション力やデータ分析力を修得。国際社会を批判的に見る目を養い、グローバルに活躍するための実力を磨きます。

1年間の学部留学

2年次の夏から1年間の留学で、現地の大学生と共に英語で授業を受けます。単なる語学留学ではなく、各自の専門分野を学ぶ「学部留学」を目指します。

国際社会を見据えたキャリア教育

仲間と協働するプロジェクト型学習など主体的な学びの中で自己理解を深めます。将来のキャリアを模索し必要な能力、学びを具体的に描きます。

学びのステップ

高度な英語力、コミュニケーション力、知識・理解力を4年間で身につけるプログラムです。

スライドできます→

学びのステップ

スライドできます→

ICP一期生・森山さんの留学準備~帰国までの流れ

1年次
4月TOEFL ITP
6月TOEFL ITP
7月~8月夏休み、外部の夏期講習(TOEFL対策)を受講
10月TOEFL ITP 点数が75点もアップ!
11月IELTS
12月TOEFL ITP
1月留学先の大学に本出願
1月末~春休み、オーストラリアに語学留学(7週間)
2年次
4月IELTS 推薦状やビザの面接など留学の準備をスタート
8月留学先へ出発
9月留学先での授業がスタート
3年次
8月学部留学が終了。現地でのインターンシップに参加後、帰国
9月3年秋学期の授業開始。「国際関係ゼミ」に所属
森山さん

学生一人ひとりをバックアップするサポート体制

授業の多くが少人数制。学生一人ひとりの能力や進捗に合わせたきめ細かい指導を行い、授業外でも、教員や事務局スタッフが学生生活をサポートします。

留学実現のためのサポート

語学試験対策

TOEFL®、IELTS™に必要なリーディング、リスニング、ライティング、スピーキングの4技能を総合的に強化。学部留学するためのスコア獲得に向け徹底的にサポートします。

Academic Skills

英語で学習するために、英語力とともに論理的思考力を鍛えます。英語による質疑応答、英文でのレポート作成などの能力を実践的に培います。

学部留学中のサポート

語学や成績の総合評価により認められた学生は、世界6カ国、20校以上の協定校から自分の希望に合った協定校へ2年次秋学期から学部留学できます。

海外インターンシシップ等(国際体験演習)

テネシー工科大学 / カリフォルニア州立大学チコ校 / オレゴン大学 / ノースアラバマ大学 / ライト州立大学 / ユタバレー大学 / アーケイディア大学 / カリフォルニア州立大学ロングビーチ校 / カリフォルニア州立大学フラトン校 / カリフォルニア州立大学モントレーベイ校

JSAF

JSAFパートナーシップによるサポート

国際キャリアプログラム(ICP)を受講する学生は、一般財団法人JSAF/Global Academic Education(日本スタディ・アブロード・ファンデーション)が各大学と結んでいる協定を通じて現地の大学に留学し、単位を取得することが可能となります。JSAFの実績としては、これまでに800名以上がこの制度を利用して帰国後に日本の大学で単位認定を受け、各分野へ就職、または大学院に進学しています。また、現地での病気やトラブルにも、JSAFのスタッフが迅速に対応してくれます

留学先の授業料は本学が負担

スライドできます→

協定校留学者への奨学金制度

スライドできます→

  • 留学期間中の本学授業料と、現地での生活費、渡航費、保険等は自己負担となります。

ICPマネージングディレクター

坂本ひとみ

東洋学園大学 教授
ICPマネージングディレクター 坂本ひとみ

「自分の人生のリーダーシップは自分がとる」ということを自覚し、あらゆる世界の問題を自分にひきつけて学び、留学を経てグローバルな場でもリーダーシップをとれる人に育ってほしい。これが、ICPの目指すところです。学生たちは少人数クラスで互いに切磋琢磨しながら前向きに頑張っており、入学時は引っ込み思案だった学生でも、目標に向け努力する中で自信をつけ、留学中には現地学生との意見交換を通じて将来のキャリアも定まり、帰国時には英語力はもちろん人間力まで大いに成長。指導する側として、学生の「成長力」を実感しています。

国際キャリアプログラム(ICP)を履修するには

ICP履修希望者向け選抜面接 (入試合格者対象)

学部・学科に関わらず、本学の入学試験に合格し、英検準二級相当以上の英語力を持っている学生なら誰でも挑戦できます。ICP履修希望者には選抜面接が実施されます。

ICP履修希望者向け選抜面接

応募資格

本学の学部に合格し、次のいずれかの資格基準を満たす者、あるいは相当の英語スコアを持っている者

  • 実用英語技能検定 準2級以上
  • TOEIC® 400点以上

2019年度国際キャリアプログラム(ICP)履修生募集について

各入学試験を受験
  • 指定校制推薦入試
  • 公募制推薦入試
  • AO入試
  • 一般入試
  • センター試験利用入試
  • 特別入試(留学生を除く)
志望学部学科に合格
(合格通知書類に案内を同封)
ICP応募条件のいずれかを取得
  • 実用英語技能検定 準2級以上
  • TOEIC® 400点以上
  • IELTS™ 4.0以上
ICP履修生選抜試験
  • 日本語面接
  • 英語面接

選抜試験合格! ICP履修決定!

2019年4月
国際キャリアプログラム
スタート!

SNS Share

TG-PRESS

TG-PRESS

なぜ、TOGAKUの学生は成長できるのか?その理由に迫ります!

DIGITAL PAMPHLET

DIGITAL PAMPHLET

大学案内、各学部のパンプレットをご覧いただけます。