TOGAKU生のリアルに迫る!東学探偵事務所

在学生の「自分はコレで成長した」

英語はもちろん、コミュニケーション力や、
グローバルな視点も磨けた4年間

英語コミュニケーション学科
4年
MINAMI URATA
東京都立第四商業高等学校 出身

中・高までの英語とこんなに違う!?大学で「英語」を学ぶ意味

まず驚いたのが、中学・高校で学んできた英語と大学で学ぶ英語の違いです。例えば基本の文法ですら、改めて学ぶと知らないことが多くて、驚きと面白さがありました。発音やイントネーション、英語ならではのリズムもそう。海外出身の先生の授業や、国際NGOのグローバル・エキシビションで様々な国の英語教育に関わる先生や子どもたちと交流する機会を通じて、「ちゃんと英語を話せている」と感じ、自信になったし、学びのモチベーションにもなりました。

十人十色の学生や先生と出会いグローバルな価値観を得られた

ゼミでウクライナ支援の募金活動を実施

ゼミでウクライナ支援の募金活動を実施

大学で学ぶ中で、色々な先生にお世話になりました。下山先生に英語とICT教育について話を聞いたり、滝沢先生の誘いで小学校での英語教育ボランティアに参加したり、坂本先生のゼミでは英語レッスンのプラン作りに加えて、SDGsや平和教育と英語教育の関係を学んだり…。先生はもちろん学生も本当に十人十色で、でもみんなすごくフレンドリー。一生信頼できる友達にも出会えました。人間関係が広がる中で、グローバルな視点や考え方についても追究でき、価値観や視野が大きく広がったと思います。

「英語の楽しさを伝える」ために英語教育という進路へ

もともと、中学~高校時代に恩師や祖父の影響で英語教育に興味を持ち、大学でも小学生や幼児を対象とした英語教育について学びました。内定先は英会話スクール。就職活動を機に、一言で英語教育といっても「学校」「進学塾」「英会話スクール」など様々な職場があることに改めて気づきました。就職後も「楽しく学ぶ=楽習」という考え方を軸に英語教育に関わり続け、いつか自分でも英語を教える立場になれたらと思っています。

在学生の「自分はコレで成長した」

SNS Share